1. HOME
  2. SNS浮気ミクシーの足跡をきっかけに交流(ナンパ)していた当時の彼氏の浮気の手口

SNS浮気

2015年04月14日

ミクシーの足跡をきっかけに交流(ナンパ)していた当時の彼氏の浮気の手口

パソコンを見る男性

ミクシーって足跡機能があるじゃないですか。自分のページを訪れた人が誰なのかわかる、当時としてもやっぱり今としても、画期的な機能です。閲覧する側としては、迂闊に相手のホームを訪れることができなくなるような機能ではあるのですけれどね。

その足跡機能がまだ活発に使われていて、そして自分がつけた足跡を削除する機能もなかった時の話なのですが、当時付き合っていた彼は、足跡機能を活発に使って、積極的に女の子にちょっかいを出していましたね。ミクシーの足跡機能って、ちょっとしたきっかけになるんですよ。自分のページに足跡がつくということは、訪れた子が自分に興味を持っているということの証ですから、粉かけるのはちょうどいい機能とも言えるじゃないですか。

ですから当時の彼氏は、自分のページに足跡をつけてくれた相手には、必ず訪れ返していたのですよね。そして、ひと通りプロフや日記を読んでみて、良さそうな子ならばメッセージを送るのです。相手も共通のコミュニティなどから、当時の彼氏のコメントなどを見て、彼氏のことに興味を持って彼のページを訪れたので悪い気はしないでしょう。

そしてメッセージなどの交流をやりとりするうちに、「会おうよ」「会って話した方が早いでしょ」という流れになるわけです。とくに大学生や専門学生ぐらいの年齢でしたら、博学で音楽などのカルチャーにも詳しい男性(フツメン)に声をかけられたら嬉しいことでしょうね。

それで当時の彼氏は結構ミクシーナンパに成功していたようなのですよね。なぜ私がここまで詳しいのかと言いますと、共通の知人より、彼の手口をすべて聞いてしまったからなのです。それはもう別れた後にその手口を聞いたのですが、知人の話が進むにつれて「なんでこんなヤツと付き合っちゃったんだろう…」とも思いましたね。まあ、顔がそこそこで博学でしたら、出会いのない異性は惹かれてしまうのもわからなくもないのですけれどねー。でーもーねー、浮気するなと言いたいです。

SNSで浮気発見
浮気問題を早期解決する方法

© 2019 探偵G|探偵事務所を徹底比較 All Rights Reserved.